カテゴリ:写真( 13 )
Nikon V1用広角レンズ
c0067454_18405395.jpg

ミラーレス機、Nikon V1用の広角ズームレンズ、
「1 NIKKOR VR 6.7-13mm f/3.5-5.6」を使い出して1ヶ月。

ブラックボディにあえてシルバーにしてどうかと思いましたが悪くないです。
レンズ自体がコンパクトだからですかね。
他のレンズと区別がつくのも良いです。

しかし、何よりも125gという軽さが最高です。手持ちのSIGMAレンズは4倍近くありますから‥・
予想通り標準レンズの座をパンケーキと争い、今のところリードしています!

c0067454_18410784.jpg
c0067454_18412191.jpg
左から単焦点(10mm f/2.8)、広角ズーム(6.7-13mm f/3.5-5.6)、
標準ズーム(10-30mm f/3.5-5.6)、望遠ズーム(30-110mm f/3.8-5.6)

仲間たちも少しずつ増えてきました。







[PR]
by riku_bun | 2014-02-11 18:58 | 写真
高倍率ズーム SIGMA18-200mm F3.5-6.3 II OS
c0067454_20481462.jpg

新しいレンズが仲間入りです。お年玉で買いました(笑)
SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 II OS 広角めからちょい望遠域までカバーするズームレンズ。
そろそろ望遠もほしいと思いつつ、一本で効率的な高倍率ズームにしました。
TAMRONの18-270mmもよかったんですが、お値頃なSIGMAに。
広角ズーム10-20mmもSIGMAで、この2本で、10mmから200mmまでカバーできることになります。

早くこれを持って旅行に・・・は無理なんで近場でもふらっとしたいです。

c0067454_20272479.jpg
手前から18-200mm、10-20mm、単焦点50mm。こう見ると奥に隠れてるEF50mmの小さいこと!
[PR]
by riku_bun | 2012-01-03 20:54 | 写真
Photoback LiBRARYで作品展示!!
c0067454_8424256.jpg
昨年秋に注文したPhotobackの写真集

あれから1年弱経ちましたが、photobackからこんなメールが↓↓
--------------------------------------------------------------
平素はPhotobackサービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。

この度、展示利用許諾をいただいた以下のPhotoback作品を
2010年10月29日(金)から「Photoback LiBRARY」にて、
展示することになりましたので、展示場所と期間などについて
お知らせをいたします。

Photoback LiBRARYは、2010年9月1日にオープンした、
弊社コンテンツワークスのオフィス内に作られた多目的スペースです。

Photoback LiBRARY 作品展示について
http://info.photoback.jp/info/news/latest/library20101029.html

【作品タイトル】

rikubun*LIFE

【展示の会場と期間について】

○会場

 『Photoback LiBRARY』 Contentsworks

 〒112-0014 東京都文京区関口1-24-8 東宝江戸川橋ビル3F

http://www.contentsworks.co.jp/company/22.html
○展示期間

 2010年10月29日(金)~2010年10月31日(日)10時~18時

最寄りは、東京メトロ有楽町線の江戸川橋駅です。
お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。
--------------------------------------------------------------

だそうです。

126冊の中の一つに選ばれるなんて・・・
[PR]
by riku_bun | 2010-10-16 11:20 | 写真
Hokkaido vol.7
9/12(日)
恵山→函館空港→→→東京

最終日。
前日の雨空は南下して晴れ。ゆずは今日は石拾いから貝殻拾い。自分は一人撮影散歩。

c0067454_21315920.jpg
c0067454_21322473.jpg
c0067454_21324236.jpg
やはりここに来てしまった。日浦洞門。素掘りのトンネル群のある恵山国道の旧道です。本線は長いトンネルですが、旧道は海にへばりついています。素掘りのトンネルを通るといつも人の凄さを思い知らされます。今では大雨が降ると閉鎖されてしまう道ですが、トンネル群を抜けると集落があり、路線バスはこちらをしっかり走る大事な道です。

c0067454_21443294.jpg
c0067454_21445869.jpg
c0067454_21452057.jpg
恵山国道で見ることができる土木遺産がもう一つ。国鉄戸井線の構造物。戦前に着工されたが完成前に資材不足で工事が中断、そのまま未完成となってしまった路線の遺構。汐首岬というところには国道沿いに立派なアーチ橋が壊されずに残っています。その近くにトンネルの坑口をいくつか見ることができます。これまでも存在は知っていたのですが、今回初めて車から降りてじっくり眺めました。最近、テレ東系「空から日本を見てみよう」で紹介されたからかどうか、同じように車を停めて写真を撮る人を何人か見かけました。

c0067454_21462578.jpg
c0067454_21464758.jpg

帽子を忘れて手ぬぐいをほっかむりする少女。なぜかよく似合う(笑)

7回に渡って掲載してきましたが、これで終わりです。長々とお付き合いありがとうございました。
次から通常モードです!!
c0067454_2147633.jpg

[PR]
by riku_bun | 2010-09-24 21:49 | 写真
Hokkaido vol.6
9/11(土)
恵山

この日は唯一天気が悪い日で、一足先に帰るうちの両親を送った後は、雨が止んだ夕方にそばの海を散歩したりして過ごしました。

c0067454_9114070.jpg
おじいちゃんの船に乗せてもらう。(怖いので海には出ず)
c0067454_9132125.jpg
c0067454_9134832.jpg
タコベイトという鮭釣り用の疑似餌をもらった。これをアクセサリーにするそうで。タコですけど(笑)
りくにお土産だと、真ん丸い石拾いに夢中。


つづく。あと1日です。
[PR]
by riku_bun | 2010-09-23 09:16 | 写真
Hokkaido vol.5
9/10(金)

恵山→函館→恵山

向こうのご両親の計らいで恵山岬のホテルに宿泊。連日早寝早起きでしたが、この日の早起きは格別で東向きの部屋からオレンジ色の空が。慌ててこれまたすぐ近くの灯台まで行って朝日の撮影に成功。
c0067454_17185895.jpg
c0067454_1933654.jpg
c0067454_19332257.jpg
c0067454_1934409.jpg
恵山岬には名所となっている水無温泉という露天風呂があります(写真の右奥)。潮が引く時だけ海の中からお風呂が現れるというすごいお風呂です。この日もご年配の方が水着着用で入浴中でした。(我々は見学だけ)

恵山は函館の東端。エビの尻尾の右端とで言いましょうか。市の中心部から車で1時間弱という距離です。海山とも素晴らしい絶景を抱える場所なんです。どうしても観光の中心函館からわざわざ来る人は少ないところですが、観光地化がほとんどされていないので穴場度は満点です。


午後は函館へ。
c0067454_1943364.jpg
c0067454_19434624.jpg
c0067454_19445910.jpg
c0067454_19452526.jpg
c0067454_19454443.jpg
うちの両親は初めてだったので函館観光。しっかり函館山の夜景も眺めてきました。

つづく。
[PR]
by riku_bun | 2010-09-20 19:53 | 写真
Hokkaido vol.4
9/9(木)

札幌→→→函館→恵山

移動日。
午前中は大通公園周辺をぶらぶらして、駅のタワーに上ったり時間をつぶし、昼過ぎの特急で函館へ。
c0067454_1738161.jpg
c0067454_17383629.jpg
これはやらせです(笑)。大きくなったら本人に怒られるかも!?
c0067454_17391419.jpg
特急「スーパー北斗」の車内から。なんだかよくわからないでしょうが、通過した室蘭本線の「小幌駅」です。トンネルとトンネルに挟まれた無人駅で、なんと周辺に人家も駅につながる道もない秘境駅として有名な駅。猛スピードで通過したのでこんな写真になってしまいました。夏だからホームもきちんと見えるが冬になったらどうなるんだろう!?そもそもなぜこのような駅が存在するのか・・・。
c0067454_17394578.jpg
「いかめし」で有名な森駅停車中。
c0067454_1740818.jpg
この列車の先頭車両は運転席が上にあって最前(後)部まで入れることが判明。駒ケ岳がきれいに見えました。平日の車内はちょうど席が埋まる程度お客さんがいた(自由席)のですが、大沼公園駅に到着すると中国からの団体客が大勢乗車。函館まで残り少しの時間大混雑となりました。中国(たぶん)からのお客さんは一様に北海道を満足されている様子。ここ数日の社会情勢で、日本旅行を取りやめる動きもあるようなのはとても残念なことです。


函館到着後、再度レンタカーを借りて妻の実家のある旧恵山町へ(今は函館市に合併)。
つづく。
[PR]
by riku_bun | 2010-09-19 17:55 | 写真
Hokkaido vol.3
麓郷

五郎さんち巡り。
完全に観光地になってしまってはいますが、平日でお客さんも多くなかったのでのんびり回れました。質素で素朴なだけでなく、限りあるものを有効活用するアイデアがあふれていてとても参考になりました。
c0067454_13225374.jpg
c0067454_13231323.jpg
拾ってきた石で作った「石の家」。ぬくもりが伝わってきます。酒はやっぱり”男山”!?

c0067454_1325165.jpg
シリーズ最初に移り住んだ家、で転がるゆず。

c0067454_13264596.jpg
c0067454_1327443.jpg
麓郷の森の奥にたたずむ3番目の家。テーブルからキノコが!

c0067454_13283531.jpg
「石の家」ができるまで住んでいた”なかちゃん(=中畑木材)”の納屋。

c0067454_1330062.jpg
c0067454_13315771.jpg
「拾ってきた町」にあるドラマ終了後にできた「純と結の家」。廃車となったバスが家の一部に!

c0067454_13322851.jpg
ドラマの最後に完成したすみれ夫婦の家。ゴンドラをテラスに利用。

c0067454_13343044.jpg
随所に使われているガラス瓶の窓。外から見るとガラスブロックにしか見えません。このアイデアにはやられました。。

お昼に富良野に戻って札幌まで移動。
ここで一旦レンタカーを返却し、翌日は函館まで列車旅。

つづく。
[PR]
by riku_bun | 2010-09-19 13:36 | 写真
Hokkaido vol.2
9/8(水)
富良野→麓郷→富良野→→札幌
c0067454_17275521.jpg
c0067454_1728378.jpg
c0067454_17285581.jpg
c0067454_17291156.jpg
c0067454_1733723.jpg
c0067454_17333574.jpg
c0067454_17335382.jpg

2日目は富良野の麓郷へ。ご存知「北の国から」の舞台。
朝一で訪れた麓郷展望台は防寒着なしではいられないほど涼しい風が吹いてましたが、新鮮な空気と素晴らしい景色に大満足。

つづく。
[PR]
by riku_bun | 2010-09-18 17:34 | 写真
Hokkaido vol.1
9/7(火)
東京→→→旭川空港→旭山動物園→美瑛→富良野
c0067454_1338379.jpg
c0067454_13392972.jpg
美瑛にて。空が青くて気持ちがいい。
c0067454_1338833.jpg
大人気、旭山動物園。空飛ぶペンギン。噂どおり、中国からのお客さんもたくさんおりました。
c0067454_1339443.jpg
富良野のニングルテラス。ゆずは大興奮。


朝早い飛行機に乗るため4時前に起きて準備。
りくぶんは渋谷に勤める実家の弟に定期的に来てもらうことに。
昨年の四国に続き、うちの両親も連れて行きました。母親は初めての北海道を楽しんでいた様子。


朝早い便で時間はたっぷりありましたが、やっぱり疲れましたね。

つづく。。
[PR]
by riku_bun | 2010-09-18 13:44 | 写真