カテゴリ:日々のこと( 396 )
しまなみ海道サイクリング
しまなみ海道サイクリング、久々に挑戦してきました。
20代の頃に3度、自前の折り畳み自転車で走破をしていますが、今回はお手軽にレンタサイクル。
そして、今治から半分ちょっとの生口島まで走って、そこからは船でという無理しない行程にしました。

今治側のサイクルターミナル、サンライズ糸山まではJR波止浜駅から無料送迎もあって助かります。
送迎を利用した方は私含め4名だったので、それほど混んでないかと思いきや、やはり皆さん車で来られるんですよね。
相当な賑わいぶりでした。
c0067454_11004374.jpg
c0067454_11012691.jpg

自転車はクロスバイクを選択。
本当は電動が良かったんですが、途中乗り捨てができないんです。

c0067454_11021076.jpg
c0067454_10593058.jpg
しかし、これだけの長大橋を自転車で渡れるのはとても気分がいい。
楽しみは、橋の上だけでなく、下りのスロープも!
c0067454_11000010.jpg
気温も32℃と、真夏にしては気温が上がらずよかったです。
次回は宿泊も視野に入れてまた来たいと思います!


[PR]
by riku_bun | 2017-08-15 11:15 | 日々のこと
豊島美術館、再々訪
豊島美術館。
もともと予定はしていなかったのですが、導かれるように高松港に向かってしまいました。
今回で3度目。

真夏なのにひんやりとした空気。

通り抜ける風。

生まれる水滴。やがて離れて、結ばれる流れ。


おそらくまた来ると思います。

c0067454_10134537.jpg
c0067454_10112888.jpg
c0067454_10121528.jpg



[PR]
by riku_bun | 2017-08-15 10:46 | 日々のこと
本島自転車散歩
本島
瀬戸内海、塩飽諸島の一つです。
亡き母がまだ動ける頃に、祖母と二人最後に和太鼓の演奏を聴きに出かけた島です。
今回夏の帰省を利用して寄ってみました。

丸亀港からフェリーで30分。
高速船は身動きできないですが、フェリーはその点快適です。
東側にいつも通っている雄大な瀬戸大橋がよく見えます。

港で電動自転車を借りました。
帰りの船まで3時間ですが、アート作品は平日で開いてなく、とにかく一周してみました。
アップダウンもあり、電動でなかったらかなりきつかったですね。

かつての水軍や番所で栄えた歴史を感じるものの、静かで素朴な島でありました。
(土葬の埋め墓には驚きました)

c0067454_18545592.jpg
c0067454_18560130.jpg





c0067454_18575025.jpg

[PR]
by riku_bun | 2017-08-14 19:01 | 日々のこと
新陳代謝する松陰神社前
こちらに越してきて8年、一駅隣とは言え歩いて10分かからないので最寄りとも言っていい松陰神社前。古くからのお店が少しずづ減ってさみしい面もありますが、個性的で素敵なお店が商店街の雰囲気を壊さずに入ってきています。

最近の松陰神社前商店街をレポです。

c0067454_1931073.jpg
まずは駅近くのミニアーケード。まだ健在です。ここだけ不思議な空気を醸し出しています。この中の「てっこん」さんの閉店はショックでした。。知ってから結局3度しか行けなかったのですが、料理、お酒の美味しくお値段も手頃さ、居心地の良さは抜群でした。そのあとにラーメン屋を閉めて「辰屋」さんが入ったのですが、まだ足を踏み入れてません。。

c0067454_197246.jpg
アーケードの入口には今や商店街のランドマークになりつつある古書店「nostos books」。まだ買ったことはないですが、、ついのぞいてしまいます。

c0067454_20184176.jpg
逆の入口は、もう元祖ともいえる「カフェロッタ」さん(写真左)。隣の「マルショー・アリク」さんというオイスターバー(写真右)はまだ未体験です。

c0067454_21144044.jpg
向かい側は焼き菓子の「メルシーベイク」さん。かわいらしい小さいお店でいつも賑わってます。

c0067454_20252390.jpg
サンエス食品店の看板がそのままですが、中身は「アロハベイビー」さんです。先日ランチで利用しました。真冬でもハワイ気分を味わえました。右のお店も気になります。

c0067454_20303499.jpg

こちらは現役の八百屋さんと魚屋さん。いい感じです。「みやこ電気商会」の看板が出てますが、奥が電気屋さん、らしいです。。

写真はありませんが、世田谷通りに出る間際に最近オープンしたフレンチ・ビストロ「Arbre de Vie(アルブル・ド・ヴィ)」。
まだオープンしてそれほど経ってないのですが、またよいお店ができてくれました。先日お邪魔しましたが、とても満足でした。料理が美味しいだけでなく、お店の方の対応もとても温かく、すっかりお気に入りです。

南だけで長くなってしまったので、残りは次回ということにします。
c0067454_20455318.jpg

[PR]
by riku_bun | 2016-02-11 21:16 | 日々のこと
圧巻の大藤
c0067454_11252994.jpg

ゴールデンウイークに訪れたあしかがフラワーパーク。
世界の夢の旅行先に選ばれている藤棚。
圧巻でした。
外国からの来訪者もたくさんいました。
c0067454_11313276.jpg

c0067454_1134297.jpg

[PR]
by riku_bun | 2015-12-30 11:35 | 日々のこと
箱根・環翠楼
c0067454_11114822.jpg

2月にお邪魔した箱根の環翠楼。
創業400年の歴史ある旅館。味わい深かった。。
c0067454_11155598.jpg


c0067454_11152638.jpg

[PR]
by riku_bun | 2015-12-30 11:20 | 日々のこと
ブログ
久しぶりにブログ開いてみたら、前回の更新が昨年の大晦日(・・・笑
前にどこに行ったとか、何をしたかなんて振り返るのにブログはちょうどよかったんですが。。
ここ数年、資格試験や昇進試験、仕事でも気が張ることが多く余裕がなかったんでしょうかね。

あとは、スマホ中心でパソコン開かないですよね。iPhoneの写真がちょっと前から自動同期しなくなってしまったし。
ますますパソコンから離れてしまいました。

今日は子供が学校のスキー合宿で出かけてたり、かみさんもママ友さんとお食事に行ったりで、久々に落ち着いてパソコンに向かってます。

明日で仕事納め、今年はいろいろあったなぁ。
c0067454_21324445.jpg

獺祭焼酎。
[PR]
by riku_bun | 2015-12-27 21:33 | 日々のこと
大晦日
2014年も今年で最後。

今年は5月に職場の昇進試験があり、休む間もなく資格試験。
どちらも第一ステップはクリアできたので、来年また次のステップにチャレンジです。

家の方でも、マンションの管理組合、大規模修繕の専門委員会の両方に顔を出すことになりました。大規模修繕が佳境なのと、これまで残されていた組合の課題を解決するタイミングが重なり、相当時間費やしました。

と、これまでのんびりと過ごしていたのですが、今年は公私ともになかなかハードな一年でした。この流れは来年もまだまだ続きそうです。。

年末は、いまだに喉の調子が悪く、27日からの休みもほぼ家から出ず。ひたすら大掃除頑張りました。
思い切って交換部品を購入したこともあり、ガスコンロの五徳やグリルの網、換気扇のフィルターが蘇りました。また、冷蔵庫の中も一気に出して、一斉清掃!だいぶスッキリすることができました。
c0067454_1365235.jpg


さて、このブログ。年々更新頻度は落ちてますね。。まぁでもいいんです。
ウォーキングは目標700km達成できましたし。
c0067454_1224936.png


それではこれから実家に向かいます。

よいお年を!
[PR]
by riku_bun | 2014-12-31 13:07 | 日々のこと
雨の男木島
c0067454_1513193.jpg
c0067454_194582.jpg
c0067454_1945079.jpg
瀬戸内海の島、もう一つ。
男木島にも行ってきました。

男木島といえば石垣です。
石垣の坂道、路地。迷うことまた楽し。

常設アートも全く並ばず見ることができたのは雨のおかげでしょう。
c0067454_195472.jpg

c0067454_195572.jpg

c0067454_196591.jpg

c0067454_1961818.jpg

c0067454_1962650.jpg

c0067454_1963164.jpg
台風接近の間際の雨の中でしたが、今度はぜひとも夕日を見に来たい!
[PR]
by riku_bun | 2014-11-20 19:10 | 日々のこと
志々島の大楠
c0067454_1424146.jpg
今夏の香川帰省、一番印象に残ったのは、やはり志々島でしょう。

この大楠。見事というより他はありませんでした。
真夏の山の中、蚊だらけで長居ができなかったのがとても残念でした。

うちの親は出身の香川のことがテレビに出ると連絡くれて教えてくれます(笑)。
昨年のNHK「鶴瓶の家族に乾杯」(藤井フミヤの回)。このときの三豊市粟島、志々島にとても惹かれ、いつか行きたいと思ってたのでした。

志々島は人口約20人のとても小さな島です。明治、大正期には1000人ほど島民がいたそうです・・・。信じられません。
c0067454_1428918.jpg
船も粟島までは普通にお客さんがいましたが、志々島で降りたのは我々だけ。看板も時刻表もない岸壁が秘境ムード満点です。
c0067454_14301851.jpg
c0067454_14303849.jpg
c0067454_14311085.jpg
志々島の特徴は大楠とこの「埋め墓」
遺体を土葬し、このお墓(家)を建てる。香川県内でも一部の地域で行われていた風習だそうです。
今ではほとんど火葬となり、この埋め墓を見ることができる貴重な場所です。

いつか時間を忘れたいとき、また来ます。
c0067454_143293.jpg



[PR]
by riku_bun | 2014-11-20 14:35 | 日々のこと