夏の香川③~伊吹島その2~
伊吹島の続きです。

伊吹島の作品はなんといっても旧伊吹小学校の3作品でしょう。

一つは「沈まぬ船」。5万個の浮きを使った作品は本当に圧倒されました。
c0067454_13324563.jpg
c0067454_13325285.jpg


そして体育館の中にドーム「大岩島2」
とてもマーカーだけで描いていったとは思えない見事な作品。白と黒のコントラストが美しい。
c0067454_13432010.jpg
c0067454_13432645.jpg


さらに、校庭には立派なトイレが!これが石井大五氏作の「トイレの家」(お名前で一瞬ビックリしました)。

残念ながら!?男性用しか入れませんでしたが、一つだけの個室がなんと贅沢な空間に!
まさに家です。
c0067454_13461642.jpg
c0067454_13462672.jpg
c0067454_13472782.jpg



おまけ
c0067454_13494221.jpg
いりこの「島スープ」は当然の如く売り切れでした。。

c0067454_13494647.jpg
坂ばかりの島では原付が主流。これは数少ない車の一つ!?

c0067454_13495326.jpg
出張散髪!

c0067454_13551444.jpg
「ネコの島」らしかったのですが、あまりの暑さからか、お見かけしたのはこの一匹だけでした。

******

一様ではない勾配が組み合わさって、絶妙な味を出している路地。路地好きとしてはたまらない島でした。
お昼に食べたイリコ入りおにぎりも最高でした!
c0067454_1415172.jpg




c0067454_1350349.jpg
帰りの電車は「アラーキー列車」。ド派手なのは外面だけで、車内は至ってフツーでした。。
(車掌さんに話しかけている女性が妙にマッチしている!?)



次回は豊島(てしま)です。
[PR]
# by riku_bun | 2013-09-01 14:05 | 日々のこと
夏の香川②~伊吹島その1~
今回2回目の瀬戸内国際芸術祭。

なんといっても穏やかな瀬戸内海を船で渡りながら、島々を巡り、その美しい海と島に溶け込んだアートに親しむことができることが魅力です。

これまでは直島、豊島、女木島、男木島といった高松寄りの島が会場でしたが、今回から西の塩飽諸島も加わりました。その中で、最も西にあるのが伊吹島。唯一夏会期の島ということで、砂の寛永通宝で知られる観音寺まで行ってきました。

美術館や常設のアートが展開しメジャーな直島、豊島は、若者や外国人を多く見かけますが、こちらは幅広い年代、どちらかというと年配の方を多く見かけました。話しぶりから県内の人も多いような感じです。今回の芸術祭が近くて遠い島を身近にしたのかもしれません。

c0067454_844694.jpg
c0067454_734460.jpg
c0067454_853571.jpg
さて、伊吹島。良質なイワシ(いりこ)の生産が盛んで、島を取り囲むようにいりこの陸揚桟橋が並んでいます。港も活気がありこちらも元気が出てきます!

台風で廃業した元加工場を使った作品「伊吹島イリコ館」で、イリコ漁、加工について触れることができました。
c0067454_88258.jpg
c0067454_8262990.jpg

c0067454_8261687.jpg
c0067454_8264347.jpg
c0067454_8274279.jpg
c0067454_8271575.jpg
c0067454_8273372.jpg
c0067454_8291147.jpg
c0067454_8293694.jpg

c0067454_8284449.jpg
いわゆる資料館的なところだと入らないかもしれませんが・・・。しっかりアートになってました。

島の形状が台地上になっており、集落は坂の途中に張り付き、くねくねと路地の迷路がとても楽しい。この路地迷路は何でも海賊の侵入から守るためわざと作ったのだとか。
c0067454_8313595.jpg
c0067454_8314881.jpg


おっと、写真アップの上限が来てしまいましたので、続きはまた。
[PR]
# by riku_bun | 2013-09-01 08:34 | 日々のこと
夏の香川①~直島~
今年の夏は、もう毎年恒例、母の実家の香川県坂出市に帰省。そしてついでにSETOUCHI TRIENNALE 2013。そう、初めての瀬戸内国際芸術祭中に島巡りをしてきました。

しかし、暑かった・・・。

最高気温38℃、39℃なんていう日もあり、無理はせず、1日おきに3島。直島、伊吹島、豊島を巡りました。

当初は男木島を予定していたのですが、この暑さで坂で徒歩の男木島は危険と判断し、2年前に訪れていた直島に変更したのでした。

さて、直島ですが、おととしに回れず、行ってみたかった李禹煥美術館を真っ先に目指しました。
安藤忠雄設計の自然に溶け込むコンクリート造りの建物。地中美術館とも共通しますが、日常から非日常の世界へ自然に導いてくれます。(この暑さでひんやりさせてくれるのも助かりました)

靴を脱いで入る「瞑想の間」では、しばし時間を忘れてしまいました。
c0067454_221397.jpg
c0067454_22142788.jpg
c0067454_22143857.jpg
美術館外の芝生は気持ちがいい。この暑さでも心地よい風が抜けていました。写真は母と娘。この時点ではこの後来る妻と父は東京で、母と娘との3人旅なのでした。。

c0067454_22212342.jpg


本村で展開する家プロジェクトは前回見逃した護王神社(前回も真夏で階段を見て断念・・)だけ回りました。
c0067454_22205346.jpg
プロジェクトでは、この神社の狭い狭い地下通路で入ることができます。
c0067454_2221190.jpg
c0067454_22222671.jpg
そして、入ってきた入口から出ると、目の前に海景が広がるという仕掛けが!!

このあと新しくできたANDO MUSEUMに寄って帰りました。
2回目だと、だいたい様子がわかってたので、移動も安心でした。

次回は伊吹島です。
[PR]
# by riku_bun | 2013-08-31 22:32 | 日々のこと
梅雨明けに虹
c0067454_18251667.jpg

端から端までつながった虹を見ることができました。

慌てて広角レンズ持って外に飛び出しましたよ。

****

一昨日、弟に第一子が生まれたとの知らせがあり、めでたい、めでたい。

予定より早目の出産だったようで、赤ちゃんは当分入院だそうですが、おじさんは早く会いたいです。
[PR]
# by riku_bun | 2013-07-07 18:29 | 日々のこと
壁に付けられる家具・第三弾~玄関~
c0067454_16124213.jpg

無印良品の「壁に付けられる家具

我が家では2009年の9月に初設置、10月に追加設置しておりまして、このことが無印良品のお店のコーナーで紹介されるといったまさかの反響まであったのはもう4年前のことです。

そして久しぶりに一つ追加することにしました。

場所は玄関。剥き出しコンクリートブロックに設置です。本製品は石膏ボードに簡単に取り付けられることが売りなのですが、うちではどうしてもコンクリートになってしまいます。

今回もベランダデッキ用のオスモカラーで塗装をしています。一応、サンドペーバーで目荒しもして。

時計、カギ、小物などなどモノが散乱する玄関でしたが、ランドセルの幅内に棚が収まりすっきりしました!
c0067454_16102451.jpg
c0067454_16103456.jpg
c0067454_16122850.jpg

[PR]
# by riku_bun | 2013-06-23 16:18 | リノベーション(家)
世田谷公園散歩
早起きしてメキシコ戦観て眠かったのですが、天気も良いので世田谷公園まで。
久しぶりにリクブンさんも連れて行きました。

油断すると動き回って見失うので気が抜けないのですが・・・
それから小さい子たちの人気者になってしまうのも嬉しいのですが、たまに乱暴に持ち上げようとする子もいたりするので、それはそれで油断なりません(笑)

c0067454_15384818.jpg
c0067454_15382824.jpg
c0067454_1538584.jpg
c0067454_15381779.jpg

[PR]
# by riku_bun | 2013-06-23 15:41 | りくぶん(リクガメ)
運動会は先週のことで。
c0067454_18385325.jpg

もう1週間前のことですが、小学校の運動会がありました。
昨年は初めてのことで、開始前に並ばなきゃならないのか?とかよくわからなかったのですが、うちの学校は並ぶのが禁止で、お昼までシートをひろげることができないシステム。ということで、今年は出番が来るまでのんびりとできました。

徒競走は「5人中、3番を目指す」というリアルな目標設定(笑)を見事達成!
こちらとしてもゴール正面の位置をキープでき(笑)、満足な運動会でした。。

c0067454_18393061.jpg
全く知らない子ですが、ついシャッターを切ってしまった。

c0067454_18391930.jpg


c0067454_18394087.jpg
男の子のお尻をはたく娘!


**************************

更新ついでに家のことで。
今日、雑貨屋さんで見つけたミニハンモックです。
”果物やぬいぐるみなど”なんて書いてありましたが、うちではこれで!
c0067454_18421580.jpg
何個まで載せられるか、補充を買ったらチャレンジです。
[PR]
# by riku_bun | 2013-06-09 18:44 | ゆず
サイクリング
c0067454_22412428.jpg

娘と二子玉川までサイクリング。新しくできた公園で休憩。

最近、本棚に並んでる「ブラックジャック」を片っ端から読んでいます。あと火の鳥も。。

3歳から使っている自転車もいつ間にか小さくなっていて、いつまで使えることか。

以前は振り向くとはるか後方に離れてしまうこともしばしばだったのですが、だいぶ力もつきました。二子玉川まで行くと帰りの上り坂が大変なのですが、途中までは降りずに登ってきました!

しかし、最後は・・・!
c0067454_2240431.jpg



でもこれは大人でもキツいですから。
[PR]
# by riku_bun | 2013-05-26 22:41 | ゆず
網棚製作
c0067454_17555954.jpg

せっかく収納を取り上げてもらったので、新たになんかせねばと重い腰を上げました。

今回は書斎の上空に目をつけまして棚を設置することにしました。

取り付け場所はやはりコンクリートとなるので、振動ドリルを新調しました。
(これまでの安物ドリルがあまりに非力かつ大騒音だったため)

構造は至ってシンプルに、L型アングルに棚板を取り付けようとするもの。
ただし、棚板は板ではなく、角材を並べて網棚風にしました。
電車の網棚みたいです。

板を買って持って帰るのが大変だからという理由だったんですが、
結果的に圧迫感の緩和につながり、軽量化もでき安全性が増しました。

角材は2mものを6本使用。色は家に保管してあったウッドデッキ用のオスモカラーです。
塗装は娘がやりたがってほとんど任せました。

L型アングルが1個700円×3個、木材が1,100円ほど、コンクリ用ネジが400円(多めに買ってます)と、材料費は3,600円ほどでした。
あ、振動ドリル、ドリルセットも加えると1万円ちょいというところです。

現場合わせのところもありましたが、なかなかしっかり作ることができました!
c0067454_17563517.jpg
c0067454_17565270.jpg
c0067454_1757823.jpg
c0067454_1757324.jpg
c0067454_17575176.jpg
c0067454_17581220.jpg

[PR]
# by riku_bun | 2013-05-19 17:59 | リノベーション(家)
LEEにちょこっと掲載されています。
c0067454_1462364.jpg
c0067454_1464952.jpg
c0067454_14182939.jpg


ブルースタジオさんのニュースリリースにあるとおり、いま発売中の雑誌「LEE」に収納ワザの一例ということで、ちょこっと載っております。

前回のMEN'S LEEの取材の際、我が家のキッチン周りの収納が目に止まったそうで、今回の掲載となりました。

メインは無印良品の「壁に付けられる家具」だと思います。取り付けたのは2009年ですが、今だにこのブログの記事でもよく見ていただいていることから関心は高いのかと思います。

しかし、今年9月で6年目を迎えるわけですが、やはりジワジワとモノは増えていっています。
ことあるごとに大整理はしていってるつもりなのですが・・・追いつかない!?
[PR]
# by riku_bun | 2013-05-12 14:25 | リノベーション(家)
頑張れ、三陸鉄道北リアス線
連休の北三陸旅行の追記です。

NHK朝ドラ「あまちゃん」の舞台となっている北三陸、そして三陸鉄道。(ドラマでは北鉄)

3.11で三陸鉄道は甚大な被害を受けました。釜石側の南リアス線については先月3日に盛―吉浜間が復旧したばかりです。今回乗車した北リアス線については、宮古-小本間、田野畑-久慈間と分断されて運転しています。今回田野畑に宿泊し、宮古側に少し歩いてみたのですが、トンネルを抜けた先の入江部分で流された橋梁の復旧中で橋脚の基礎工事を行っているところでした。

いま「あまちゃん」人気でお客さんは増えているそうです。ただ、実際全線乗って感じたのは、ドラマの舞台となっている久慈側についてはお座敷列車を走らせたりしており確かに賑わっていました。ただ、バス区間を挟んだ南の宮古側はとてもさみしい感じでした。宮古に関しても浄土ヶ浜は多くの観光客で賑わっていましたが、そこまでのJR山田線は「これが連休中か!」と思うほど車内は空いてました。皆さん車移動なんですよね。

やはり2駅分断されていることで、その間の移動はバス。たった2駅分で約30分もバスに乗らねばならないのは痛いです。

鉄道はつながってなんぼなんだと実感させられました。
一日も早い復旧を!

c0067454_16403955.jpg
のどかな宮古駅

c0067454_16414044.jpg
2両連結かと思いきや繋がってませんでした・・

c0067454_16421367.jpg
山あいの駅。

c0067454_16422977.jpg
一変してしまった景色。田老駅

c0067454_16433614.jpg
折り返し運転中の小本駅。

c0067454_1644510.jpg
田野畑駅はなんとも落ち着く駅。駅内にある文庫コーナーは待ち時間にお世話になりました。

c0067454_16495836.jpg
c0067454_1659713.jpg

”あまちゃん”でロケで使われる堀内駅。恐らくあえて5分ほど停車してくれました。

c0067454_1765833.jpg
久地駅噂の”ウニ弁当”は売り切れでした(涙)

c0067454_16592252.jpg
頑張れ北鉄!じゃなくて三鉄!


実は、旅行に行くまで”あまちゃん”は観てませんでしたが、見始めました。正直面白いです。
アキの健気さもさることながら、過去を思い出すシーンなどで、30年前のヒット曲が突如現れるのがツボです(笑)
[PR]
# by riku_bun | 2013-05-11 17:15 | 日々のこと
三陸・田野畑の海
この連休、一泊の強行軍ではありましたが、岩手の三陸海岸を訪れました。

今回は娘の車酔いを恐れてレンタカーは使わず、すべて鉄道です。
盛岡からJRで宮古に入り、三陸鉄道北リアス線で小本まで。そこから田野畑までは未だ不通区間となっておりバスで移動しました。

田野畑村のホテル羅賀荘で一泊。
3.11の大津波で、3・4階まで直撃を受けたものの、被害箇所の改修を終え、2012年11月、1年8ヶ月ぶりにリニューアルオープンした地元期待のホテルです。恐ろしい津波が襲ってきたとはとても思えない素晴らしい海、そして朝日が素晴らしかった。

翌日は、ホテルの目の前の港からリアス式海岸の断崖をサッパ船という小型の磯船でクルージング。船長さんの「あの津波の後でも、この岩、断崖はなぁんにも変わってない。流されたのは人間が作ったものだけだ。」という言葉が耳に残りました。

下船後、NPO体験村ネットワークの大津波語り部ガイドに参加。実際に水が来た場所で、生の話を聴くことができ、短い時間ではありましたが貴重な経験となりました。娘はどこまで理解できたかは定かではありませんが、この地に来たことは心のどこかに残るものと思います。

帰りにNPOスタッフの方に連れて行ってもらった旧羅賀小学校。学校は地震の前に統廃合でなくなっており、今は敷地内に仮設の店舗が並んでいます。ちょうど桜が満開の季節。校庭で地元の皆さんが賑やかにお花見をしている姿を見てこちらもなんだか元気付けられてしまいました。

またいつか再訪したいと思います。

c0067454_21435657.jpg
c0067454_21441187.jpg
c0067454_21444596.jpg
c0067454_21493929.jpg
c0067454_21503875.jpg

[PR]
# by riku_bun | 2013-05-06 22:00 | 日々のこと
ありがとうNIKE FREE!
c0067454_18344662.jpg
写真右、NIKE FREE5.0が限界になってきてしまいました。いつから使っているんだろうと本ブログを検索すると、2006年6月!(こういうときに記録していると便利)。今ではメジャーなFREEですが、当時はまだ2代目くらいのモデルだったかと思います。

約7年弱。RUNの機会は少なかったものの、ウォーキングではずっと一緒でした。かかとの生地が破れたのもだいぶ前ですが、気にせず使い続けました。が、さすがに裏面もボロボロになってきたので、ついに引退してもらうことになりました。ありがとう!!

c0067454_18343233.jpg

後任は左。地味そうで派手な!?カラーリング。スニーカーとしてはノーマル系でしょうか。
さっそく今朝、初ウォーキングでデビューしました。

まぁ悪くはないんですが、FREEの感覚がやっぱり忘れられないなぁ。
やっぱりFREEも買おうかな・・
[PR]
# by riku_bun | 2013-04-06 18:47 | 定番
キッチン片付けました。
c0067454_21445032.jpg
とある事情がありまして、部屋を片付けました。特にキッチンを入念に。

モノの置く位置だとか、仕舞い方は日々の使い方で決まってくるものです。でも本当にこれでいいのか、一度片付け、整理してみるともっとよい配置が見えてきたりします。

月曜から4月。新年度です。新たな区切りに部屋も少しすっきりしました。
c0067454_2145278.jpg


”とある事情”についてはまた改めて!
[PR]
# by riku_bun | 2013-03-30 21:55 | リノベーション(家)
小田急地下化前の記録
c0067454_1125184.jpg

昨日、東急渋谷駅が地下に潜りました。
引き続いて今週23日、小田急も東北沢~世田谷代田間が地下に移ります。
念願の複々線化はもう少し先ですが、代々木上原から登戸まで全ての踏切がなくります。素晴らしいことです。

近所というほどでもないですが、歩いていける距離ということもあって、散歩がてら写真を撮ってきました。
移りゆく景色の記録として。

c0067454_113222.jpg
c0067454_1133838.jpg
c0067454_113591.jpg

c0067454_1142248.jpg

c0067454_114394.jpg
c0067454_1145324.jpg
c0067454_1152199.jpg
c0067454_1153581.jpg


特に下北沢はこれから変貌しそうです。
雑多な中に個性のあった街でしたので、ただキレイで画一的なまちにならないことを期待します。
[PR]
# by riku_bun | 2013-03-17 11:09 | 日々のこと
マンション管理組合定期総会
本日はマンションの定期総会でした。
長く住み込みで常駐していた管理人さんが交代するタイミングで、管理方式を見直す話で会が紛糾したのが昨年。一旦は通勤方式に切り替えたものの、やはり住み込みがよいという住民の意見で戻りました。

あれから一年。

ここでは説明できませんが、過去の様々な問題が明るみになるなど、なかなかショッキングな内容で、理事会も相当この一年苦労したようです。やはり長く同じ体制にあるといろいろ出てきます・・。ここで膿を出して、切り替えていかないといけませんね。


今年はこれまで棚上げになっていた耐震問題(このマンションは旧耐震基準設計)について、ようやく本腰をあげて対処することになりました。

3.11からもうすぐ2年。

首都直下地震もこれまで以上に覚悟せねばならない状況でありますし、避けては通れない問題です。
ご高齢の方が多いマンションなので、合意形成が難しいと思われますが、是非とも前向きな議論をしていきたいと思います。。自分も出来る限り議論に参加せねば・・!
[PR]
# by riku_bun | 2013-02-17 18:53 | リノベーション(家)
鎌倉と江ノ電
三連休の中日、長谷にあるとあるお店に行きたくて久々に鎌倉へ。
今回は江ノ電に乗ったり、線路沿いを歩いたり。
c0067454_2033030.jpg

c0067454_2033215.jpg

c0067454_20334022.jpg
江ノ島駅の一駅手前の湘南海岸公園から散歩開始。

c0067454_20355059.jpg
c0067454_20343843.jpg

c0067454_20345332.jpg
江ノ島駅のすぐの踏切沿いにある古民家カフェ「日月日」さんでランチ。メインルートから外れているからか昼前の時間だったからか他にお客さんはなく、2階独占でした!すぐ脇の江ノ電が大迫力。それほどスピードは出てないのですが、あまりに近いので早く感じます!お日様がポカポカで居心地良さ満点でした。

c0067454_20403017.jpg
c0067454_20405442.jpg
c0067454_2041356.jpg
有名な路面走行区間、江ノ島~腰越間も徒歩で。線路が真ん中にある割に道路幅はそれほどないのが驚き。電車は堂々とど真ん中を走行します。

c0067454_20433572.jpg
c0067454_20434759.jpg

長谷で用事を済ませ、大仏見学は断念して踏切脇の御霊神社へ。鳥居越しの名シーンがここで見られます。

c0067454_20474771.jpg
c0067454_2048997.jpg
c0067454_20484084.jpg

さらに一駅、鎌倉の一つ手前の和田塚で下車。駅の向かいの甘味処「無心庵」さんで休憩。和田塚の駅もよい雰囲気です。しかし、こんなに電車に近寄ってよいのだろうかというほど近い!

和田塚からちょっと寄り道。
c0067454_2030182.jpg
和田塚からすぐのTHE BANK。古い銀行跡の建物を利用したBER。もちろん行けませんでしたが、気になる・・・

となかなか満喫してきました。江ノ電はやはり魅力ありますね。
人気過ぎて車内が大混雑なのは悩ましいところですが・・・。
[PR]
# by riku_bun | 2013-02-11 20:58 | 日々のこと
東横線渋谷駅(記録)
c0067454_1121503.jpg

東急東横線、渋谷駅が3月16日地下に潜ります
副都心線とつながって都内の交通網がさらに広がることでしょう。
東横線は中目黒で日比谷線。目黒線も田園調布以南は実質東横線ですから、南北線、三田線とも繋がってることになりますよね。そして今度の副都心線。副都心線は東武東上線と西武有楽町線とつながっています。
逆に横浜側でも既につながっているみなとみらい線。さらには現在工事中の日吉での相鉄との直通。いやいやすごいですね。

さて、もうすぐなくなってしまう地上の東横線渋谷駅。
改めて眺めてみると、高架で頭端式のターミナルは貴重です。安全上は問題ありですが・・全体がカーブしている形状も優雅に見えます。
c0067454_11205713.jpg


c0067454_11211223.jpg

アールが連続する屋根も、これまでは陳腐に思ってたりもしていたのですが、よく見ると三角形の組み合わせで、それが全体に広がっており、愛着が湧いてくるので不思議です。

c0067454_11213270.jpg


c0067454_11264087.jpg
上から首都高、東急、246とギリギリの重なり合い。そして見えませんが、撮影位置の真下に渋谷川、明治通りの下に今度の渋谷駅があるという。。

c0067454_11312547.jpg
この今では日の当たらない渋谷川も東急の地下化以降、再生されるようですね。よい景観を作って欲しいものです。


渋谷駅はJRが埼京線を移設したり、銀座線も移動するなどこれから益々激変していきますね。↓この位置に駅が来るみたいです。
c0067454_114243100.jpg
c0067454_11463879.jpg


銀座線は2021年移設ということです。
新しいホームを支えるであろう橋脚もごっつい鉄筋を組み立て中でした。
c0067454_11452845.jpg

[PR]
# by riku_bun | 2013-02-03 11:49 | 日々のこと
セルフメンテ
c0067454_17323069.jpg

ちょっと振り返りますが、昨年は大掃除でちょっとしたセルフメンテナンスを行いました。

一つはお風呂場のシーリング。うちはユニットバスではなく、在来工法で作ったため、浴槽と壁のコンクリートの隙間にシーリング(柔軟性のある防水用の材料)が施工されています。毎日使うお風呂なため少し劣化が気になったので、思い切ってやり替えることにしました。

シーリング材は市販のバスコーク。あと、撤去用のヘラ。
c0067454_1738229.jpg


まずは既存のシーリングを撤去。ヘラを当ててこそぎ取っていきます。シーリング自体が出っ張っている場所はとてもやりやすかったのですが、溝の中に埋まっているものはなかなか取れない・・・。狭い浴室内で作業性も悪く、体勢も辛かったのである程度は諦めました。。
c0067454_1733369.jpg


そして、マスキングをしっかりして、隙間にシーリング材をにゅ~っと出していく。そして付属のヘラで余分な材料を取っていけば、きれいなシーリングの出来上がり!

なんですが、材料が見込みより足りなかったり、マスキングの幅が大きすぎるところがあったり、初歩的ミスは多々ありましたが、何事もやってみるもんですね。また今度やるときはもう少し上手く出来そうです!
c0067454_1824920.jpg
(写真は上手くいったところです!変なところはカットさせていただきました!!)


目地埋めといえば、洗面台の床材。天然石のタイルを敷いているのですが、端部が浮いてグラグラしていました。これもついでに補修。浮いたタイルを外して接着剤で固定。そして目地材を充填しました。
c0067454_17521512.jpg



c0067454_17573542.jpg
交換という意味でもう一つ。アイロン台のカバーを替えました。もう何年も使っている無印良品のアイロン台。近頃アイロン掛けの終盤で、衣類に茶色い染みが付くことがあり不思議に思っていました。最初はアイロンの故障を疑ったのですが、アイロン台のカバーを外してみるとこんなことになってました(笑)
c0067454_1758646.jpg
これは酷いですね。。

これは買い替えかと思ったのですが、よく調べるとカバーのみ買えるようなのです。お店に行ってみると、近所の店にはありませんでしたが、在庫のあるお店を探してもらい入手することができました(945円)。無印はパーツのみの購入ができるのでよいですね。
c0067454_1811135.jpg
これで安心してアイロンできます。(あとは腕を上げるのみ!?)
[PR]
# by riku_bun | 2013-01-13 18:06 | リノベーション(家)
あけましておめでとうございます。
2013年。まだピンときませんが新しい年が始まりました。

お正月は自分で過ごすのが恒例なのですが、今年は昨年結婚した弟がお嫁さんを連れてきたので、新鮮かつめでたい気分なお正月となりました。

ただ、自分はというと、正月早々腰のハリがひどくなってしまい、昨日帰ってからほぼ横になって寝正月です(笑)。年末の大掃除の最後に、お風呂場のコーキングやらタイルの目地補修にチャレンジしたのが効いたようです。ま、腰が痛くなくてもテレビ見てゴロゴロしてるのは変わらないんですけどね・・。

思い起こすとちょうど昨年の今ころも尿管結石で苦しんでいたし、どうも年末年始はツキがないような。。

そんなわけで、初詣にも行けず、お正月らしい写真がないので、とりあえず招き猫でもご覧頂いて。
c0067454_2215472.jpg


では今年もよろしくお願いします。

おやすみなさい zzz
[PR]
# by riku_bun | 2013-01-02 22:19 | 日々のこと
カメラ棚とちゃぶ台
c0067454_1462637.jpg

大掃除をして少し片付いてきたら、ちょっとスペースが空いたので、いつもの東北沢「アンティーク山本商店」さんで古家具を購入しました。

前から望んでいたカメラの定位置。

小さめの棚をと考えていたのですが、結局ガラス戸棚になりました。
波状のガラスが味です。
c0067454_1463467.jpg
c0067454_1464559.jpg




c0067454_1414611.jpg

ついでに小上がり用にちゃぶ台も。
丸か長方形ばかりある中、一つだけあった楕円を選びました。
お茶、宿題、遊び、、いろいろな用途に使えそうです。
限られたスペースで畳んでしまえるちゃぶ台。なんて素晴らしい家具なのでしょう(笑)

どちらも1万円未満で手に入り、同一区内ということでその日のうちに無料で配送していただきました。
c0067454_14144921.jpg



こちらのブログ、今年最後の投稿になります。
更新頻度が相当落ちてますが・・・、来年も細々ながら続けていこうと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。 m(_ _)m
[PR]
# by riku_bun | 2012-12-31 14:24 | リノベーション(家)
野毛の三杯飲み屋M
横浜、野毛の武蔵屋さん。

看板のない古民家。

メニューはなく、三杯のお酒と決まったおつまみ。

先日、6~7年ぶりに訪れることができました。

c0067454_20323523.jpg

開店5分過ぎ頃、連れなしで、一人で向かうと店の前にこの行列・・・。

諦めて去ろうとしたのですが、ダメもとでお店をのぞくと
「ここでよろしければ」の声。

c0067454_20325487.jpg

「ここ」とはカウンターの端、、といっても目の前にはテーブルの代わりに洗面台が!!(笑)

いやいや、入れただけでラッキー。

お隣の、こちらもおひとり様のお兄さんにカウンターの隅を拝借して、魅惑の時間を愉しみました。

c0067454_2033443.jpg
温燗のお酒もさることながら、定番のおつまみも絶品です。写真にあるおから、玉ねぎの酢漬けから、鱈豆腐。どれもたまりません。

はじめのうちは静かにちびちび飲んでましたが、知らずのうちにお隣さんと意気投合。
単品のコハダも一口ご馳走になってしまいました。

みなさん常連さんばかり、しかもご年配の方ばかりの中ですが、また機会があればぜひ訪れたい!!


PS.偶然にも昨日、アド街が野毛。取材NGのお店としてトップ10に入ってましたね。
[PR]
# by riku_bun | 2012-12-02 20:50 | 定番
秋の奈良 ―番外編「水の神様、丹生川上神社」―
c0067454_201353.jpg

奈良に行った目的の一つがこの丹生川上神社にお参りすること。

降雨、止雨、水一切を司る水の神様を祀るこの神社。今の職場に来てからというもの、どうも大事な時に雨が降ってしまい、すっかり”雨男”ぶりが定着してしまったので、上司の勧めで参ったのでした(笑)

現地へは奈良市内からレンタカーで向かいました。明日香村から神社のある東吉野村までは、ガイドブックに載っているような観光地は一切なく、途中の紅葉も見事だったのですが、すれ違う車もほとんどないという道程でした。

c0067454_1821534.jpg
山あいの川沿いにあるとても静かな神社でした。なんと、着いた時点で参拝客は我々のみ!(その後2、3組の方が訪れてました)。

井戸にある「清めの水」もバケツですくって飲まさせていただきました。
c0067454_18215322.jpg
c0067454_18211972.jpg


手作り感満点の「お天気守」もしっかり入手することができました!
c0067454_18212824.jpg

さぁ、これで雨男は解消できるでしょうか!?!?


目の前の川に降りると紅葉のよい景色が。隠れ家的穴場スポットでございました。
c0067454_1822232.jpg






[PR]
# by riku_bun | 2012-12-02 20:28 | 日々のこと
秋の奈良
先週、三連休を使って秋の奈良に行ってきました。ほんの少し写真で振り返り。
c0067454_15144274.jpg

c0067454_1515399.jpg

c0067454_15155198.jpg

c0067454_15155889.jpg


東大寺裏の「cafe工場跡
c0067454_8423229.jpg
c0067454_842181.jpg
c0067454_15153646.jpg
隣の雑貨「NATIVE WORKS」

c0067454_8425232.jpg
ドライブ中発見した鎮守の森

二日目は吉野山の竹林院に泊まりました。
c0067454_843152.jpg
c0067454_8432431.jpg
c0067454_8433673.jpg
紅葉はどこも見事でした。



奈良といえば修学旅行で一度は訪れる、はずですが、中学は東北、高校は北海道だったんですね。その後も学生時代に調査で訪れたことはあったのですが、観光目的としては今回、30後半にして初めてでした。。

奈良。わかってはいましたが、とても一度で回りきれないほど盛りだくさんでした。
特に興福寺国宝館で、仏像の美しさに魅せられました。

また来なくては。。
[PR]
# by riku_bun | 2012-12-02 08:50 | 日々のこと
”七”五三
昨日の雨から一転の良い天気。

3歳から4年、7歳の七五三に行ってきました。

4年前は7歳の子を見て、なんて大きいんだろうと思ってましたが、あっという間にこちらもその立場になってしまいました。

どうも、自分が主役なのは気恥ずかしいのか、写真撮影やご祈祷までは表情が硬い硬い。ようやく、終わって解放されたのか表情も柔らかくなりました。(写真屋さんお手数お掛けしました・・・)

何はともあれ、おめでとう!

次の晴れ姿は・・・13年後!?

c0067454_18195546.jpg

[PR]
# by riku_bun | 2012-11-18 18:23 | ゆず
子育て男子!?にオススメの「Men's LEE」
c0067454_1841616.jpg

今月発売の「Men's LEE」という雑誌に我が家が載ってます!

引っ越して以来、いくつか取材を受けることがありましたが、5年目となってまだこのようなお話があるとは思ってもみませんでした。前回は2009年2月に「nina's(二ナーズ)」という子持ち女性向け!?雑誌に載ったのですが、今回は男性誌。子育てイクメン!?御用達の内容となっております(笑)

「パパのこだわりマイスペース」というインテリア特集の一事例で出ております。当初は「パパのこだわりキッチン」というお話を頂いたのですが、普段全く料理をしませんもので、ご勘弁いただきました。。
c0067454_18412125.jpg

その結果、土間の作業場(ワークスペース)となりました。実はここまで書斎が大写しになるとは想定しておらず、相当ごっちゃりしたままの写真になっています(笑)。生活感たっぷり!

c0067454_18404883.jpg

ちなみに、今さっき気づいたのですが、全体の見出しページにも載ってました!(この写真は結構気に入ってます!)

この雑誌、もちろん自分が出るってんで真っ先に見てるんですが、ほかのページを見てみるとなかなか興味深いです。男性向けでこうした「子供とパパ」という視点で捉えた雑誌は他にないのではないでしょうか!?

c0067454_18411461.jpg

特に「スポーツ&フィットネス」特集は参考にできそうだと思い、早速本日公園にて「ボール投げの教え方」を試してみました。前々からボールの投げ方がヘンテコリンで、直したかったのですが、口で言ってもなかなか伝わりません。写真付きで具体に教えられたので、何度か練習していくうちに、少しはマシになりました!

ということで、子育て中の男性陣にこの雑誌、オススメします!

c0067454_17522882.jpg
c0067454_17525264.jpg

[PR]
# by riku_bun | 2012-11-11 18:59 | リノベーション(家)
秋の休日
長く続いた残暑がついこの前のことのようですが、ここにきて急速に秋の気配ですね。ブログの投稿が減ってしまいましたが、気まぐれアップです。といっても、どうしても既にinstagramに載せた写真の補足のようなものですが。

c0067454_21415919.jpg
経堂の文具店「ハルカゼ舎」。スイミング帰りにたまに寄ると何か買ってしまいます。今回はこのノート。おじさんの絵に一目惚れ!でよく見たら"BORDER BOY"、少年でした(笑) 職場で(同僚に見られないよう)アイデアものを書き残す用、にしようかな。

c0067454_21425596.jpg

c0067454_21445487.jpg

c0067454_21441652.jpg
昨日、代休だったので、ひとっぱしり自転車で東京駅まで行ってきました。正確には行きは電車輪行で、帰りだけ走ったのですが・・。
東京駅いい!駅舎だけでなく、駅前広場を囲む中央郵便局、丸ビル、新丸の感じ。そして、皇居まで伸びる行幸道路。行幸道路中央の馬車道に立って、東京駅を見て、振り返って皇居を眺めるのがオススメです。

c0067454_21452931.jpg
先週の三茶大道芸にて。ナイスガイ!

c0067454_222363.jpg

c0067454_2143498.jpg
この週末は松蔭神社の幕末維新祭り。世田谷線沿線、毎週どこかでお祭りです。松蔭神社商店街のこの将棋囲碁倶楽部。少し(将棋でも囲碁でも)できるようになって強者と対戦していく、自分は想像できないんですが、できたら面白だろうなと(想像)

c0067454_21432225.jpg
今日はどういうわけか率先してお手伝いをしてくれました。ありがとね。
[PR]
# by riku_bun | 2012-10-27 22:13 | 日々のこと
祝7歳!!
c0067454_838078.jpg

小学校になって初めて迎えた誕生日。

7歳

おめでとう!!

c0067454_83811100.jpg
c0067454_838216.jpg
昨年から始めた背の記録。クラスでは低いほうらしいのですが、一年で6.5センチ。しっかり伸びてます。

c0067454_8383277.jpg
光る地球儀をプレゼント。
[PR]
# by riku_bun | 2012-09-16 08:42 | ゆず
お片付け
c0067454_17182048.jpg

この土日、久しぶりに来客があったもので、部屋を片付けました。
(一部見えないベランダなどに仮置きもしましたが・・・)

こういう機会があるとやる気が出てだいぶ片付きます。
判断迷って捨てなかったものもえいやっと思い切りが付きます。

たまにこうして部屋を撮っておくと、年月の変化を残せますね。
進化なのか退化なのかはさて置き(笑)
c0067454_1718915.jpg
c0067454_17174013.jpg
c0067454_171846100.jpg

広角レンズで撮ると実物よりだいぶ広く見えます・・
[PR]
# by riku_bun | 2012-09-09 17:22 | リノベーション(家)
函館帰省2012(その3)恵山登山
c0067454_845514.jpg

函館の東端にある恵山(標高618m)。
それほど高い山でなく、名前はほのぼのしてますが、れっきとした活火山でしっかり噴気も出てますし、場所に寄っては硫黄の臭いもします。

これまで車で登れる駐車場までしか行ったことがなかったのですが、今年は登山にチャレンジ(大げさ・・!?)。無事登頂を果たしました!

と言っても、たかだか618m。急な勾配はなく、整備された階段と緩やかな斜面で距離にして約2kmほどで頂上まで行けるのでお手軽です。

ただ、活火山だけあり、方角、高さによって黒→白→赤茶、ところによって黄色と岩の変化が楽しめます。また栄養分の少ない火山灰と霧の発生が多く日照不足により、2000m級の山でしか見られない高山植物(ガンコウラン)をそこかしこに見ることが出来ます。昇った日も頂上付近は完全に雲の中で視界も悪く、それが一層”すごく高い山に登った”感じを受けたのでした。お得な山です!
c0067454_846286.jpg
c0067454_8461144.jpg
c0067454_8472225.jpg
c0067454_8471315.jpg
c0067454_847612.jpg

c0067454_8465689.jpg
c0067454_8481350.jpg


恐れ多くも恐山と姉妹関係にある霊山だったのでした。後から知りましたが。。
[PR]
# by riku_bun | 2012-08-26 08:57 | 日々のこと