人気ブログランキング |
SLとトロッコと大井川(2日目)
翌朝、奥泉からトロッコでさらに山中に向かう。
昨日の列車はガラガラだったのに、今朝は寸又峡温泉から団体さんやらがどっと押し寄せ、小さい駅が大盛況。でもなんとか座れにぎやかに列車は発車しました。

c0067454_2219743.jpg
トロッコは常に大井川の流れに沿って右に左にゆっくりとゆっくりと走ります。

そんなのどかな風景も次のアプトいちしろ駅から一駅間だけは少し様子が変わります。

c0067454_22193933.jpg
この区間は急な上り坂のためアプト式というレールとレールの間に歯車を噛み合わせるレールが付き(写真)、専用の電気機関車を最後尾に連結するのです。この光景も車両から降りて自由に見ることができます。子供はうれしいですよね(いや、大人も。。)

c0067454_22255775.jpg
アプト区間を抜けるとダムの上にきて、ダム湖を鉄橋で渡ります。この先に湖の上にある珍しい駅、奥大井湖上駅があります。

c0067454_22271392.jpg
ダムを過ぎるとまたのどかな光景に戻り、温泉がある接阻峡温泉駅で下車しました。今日は連休中ということでそこそこお客さんがいましたが、普段は訪れる人も少ない秘境ムードたっぷりの駅のようです。

c0067454_23295964.jpg
駅から歩いて数分のところに公営の接阻峡温泉会館があります。「むむっ」とうなってしまうほど、味気ない建物で、浴槽もこじんまりしてますが、お湯はすばらしくトロトロだったので大満足でした。

トロッコは少し乗車時間は長いですが、その長さも忘れるほど子供にも大人にも楽しいひとときでした。

c0067454_2330191.jpg
千頭駅に戻るとSLが到着し撮影タイム。「帰りもSLに乗りたい!」とせがまれましたが、あいにく予約でいっぱいだったので、写真だけ撮って帰路につきました。。
by riku_bun | 2009-09-21 23:33 | 日々のこと
<< たい焼き初挑戦 SLとトロッコと大井川(1日目) >>