精錬所アート@犬島
c0067454_17413638.jpg

以前から行きたかった犬島。大正時代まで盛んだった銅の精錬所の遺構を活用したアートワーク

岡山側から鉄道、バス、船を乗り継いで入るのが一般的です。しかし、ちょうど直島・豊島との間に高速船があるのを知り、直島と組み合わせて訪れることにしたのでした。

c0067454_1746313.jpg
港から見たチケットセンター。

c0067454_1746441.jpg
精錬所のゲート。15分おきに入場できます。

c0067454_17484628.jpg
c0067454_1745988.jpg

味のあるレンガ

c0067454_17444472.jpg
c0067454_17452014.jpg

ひび割れた煙突に絡みつく蔦

まるで映画のワンシーン。もしくは世界遺産を訪ねたような錯覚。
建物内の三島由紀夫をモチーフにしたアートもよかった。。

あの激暑の気温でなければもっと楽しめたのが残念。
(電気を使わずに使われなくなった煙突を利用した空調システムなど興味深かったのですが、さすがにあの暑さでは厳しかった・・・。こればっかりは残念でした。



本当に小さい島。
集落の中の家プロジェクトを回ってもすぐに回りきってしまいます。
(個人的には暑さで弱った娘を背負っていたため結構きつかったのですが(笑))
c0067454_17502611.jpg
かわいらしい小さな湾。時間を忘れそう。

c0067454_1751414.jpg
見えにくいですがお土産に買ってあげた煙突模様の鉛筆!

奇跡的に眠っていた精錬所跡をこうして素晴らしい形で見せてくれたアーティスト、関係者に感謝です。
[PR]
by riku_bun | 2011-08-20 18:00 | 日々のこと
<< さぬきこどもの国がすごい! アートが溶け込む直島 >>