リノベーションという選択
bluestudioの石井健氏(もう有名人なので名前出してもいいでしょう!?)ガイドによるAllAbout[リノベーション住宅]に我が家が載ってからも記事は毎週更新されています。

中古マンションのリノベーションという分野。「家を買う」という大きな買い物の選択肢として、実際やってみてコスト面も有利だし、なによりとても楽しかった。
ただ、まだまだ情報が不足しているので知らない人が多いいような気がします。

3月19日掲載のAllAboutの記事も大変興味深いです。
今回は「どんな人がリノベーションを選んでいるか?」というアンケート結果を発表しています。

一つは年齢。
これはやはりというか、自分と同じ30代が3/4を超えています。住宅購入適齢期なんでしょうね。
面白いのは家族構成です。30代で家を買おうという人の理由で多いのは「家族が増えたから」だと勝手に思っていました(実際そうでしょう!?)。ところが、リノベーション実践者の家族構成でもっとも多いのは「シングル」、次いで「二人暮らし」、最後に「家族」となっているようです。どうも自分は少数派のようです・・・。

今回、このAllAboutやLiVESに載ったんで、職場の人(家族持ちが多い)にも見てもらったりしたんですが、「どこに寝てるの?」とか「どこで靴を脱ぐのか?」といった我が家独特の形態に関することや、「お店みたい」という一般の家っぽくないという狙い通り!?といった感想を頂くことが多いです。ただ、「これってどういうふうにやったの?」というような、リノベーションの手法についての質問はあまり聞かれません。もう皆さん戸建てやマンションを買われている方が多くて、もう終わったことと考えているようなんですけどね。でも少しさびしい。。

自分の周囲は別として、「もっとファミリー層もリノベーションを選ぶべきだ」と声を大にして言いたい。

古い建物を全て壊して新しいものを作るよりは、今あるストックを有効活用していくことが、持続的な都市、成熟した都市のありかたとして、とても重要なことだと以前から思っていました。その面で「中古物件のリノベーション」がもっと当たり前の選択肢になるべきだと思うのです。

そこで、(冒頭にコスト面で有利だといいましたけど)もっと新築購入より中古の再生が有利になればなるような行政が誘導すべきなんじゃないだろうかと・・・思うわけです。普通に考えると税制面や補助ですね。そういう面もあるともっと皆が目を向けるんじゃないでしょうか!?

ついでに、経済指標に新設住宅着工件数を使うのもいかがなものか!?

な~んてことをAllAboutを見て珍しくやや熱くなってしまった・・・のでした。。

c0067454_17554934.jpg
(ちょっと振り返って・・・)RIKUBUN完成まで3週間前の状態。こんな頃もあったな~
[PR]
by riku_bun | 2008-03-20 17:59 | リノベーション(家)
<< NHK-Character SHOP 自転車 >>