人気ブログランキング |
安さだけじゃない!中古住宅の楽しい活用法
AllAboutというサイトで、bluestudioの石井健さんがリノベーションのガイドをしております。我が家も以前、2月の記事で載ったのですが、まだまだ連載は続いてまして、最新の記事(5月31日)の中で「住みたい街、憧れの街に暮らす」一例として取り上げられていただきました。

「憧れの・・・」というと、おそらく一般的にはマイナーだと思うので(周りの人もほとんど知りませんし(笑))、ちょっと申し訳ないのですが、「住みたい・・・」というのは間違いありません!

別ブログ「超中古マンション・リノベーション日記」でも書いてきましたが、当初、前住んでいた某○園都市線エリアを前提に住む場所は考えていました。それが、ある物件との出会いがきっかけで世田谷線沿線を知り、それからは一変「この沿線でなきゃだめだ~」となりました。結果的にその物件に住むことはできませんでしたが(目の前にありますが・・・)、ほんとにこの沿線を選んでよかったと思っています。

それはなぜか?

やはり、「世田谷線」の持つ”特性”にあるんだと思います。

駅間が短い上に、ホームに上がるのに階段もないので、とても気軽に乗れる。スピードもゆっくりなので、町の雰囲気までのんびりさせている。これは、大量の人を高速で運ぶ一般の鉄道では味わえないものです。

電車に手を振る娘に向かって、乗務員さんが手を振り返してくれる(職務上はまずいのかもしれませんが・・)、なんていう光景は子供にとってもよい環境なのでは!?と保育園の送迎の度に感じていたりします。

c0067454_22464341.jpg

by riku_bun | 2008-06-04 22:47 | リノベーション(家)
<< 何の変哲もない日曜日 晴れの日曜日 >>